金融機関で借り入れをする際の豆知識

金融機関で、お金を借りるには安定した収入があり正社員として勤務していることご最低条件です。
専業主婦やアルバイトでは借り入れは難しいです。

申込書には氏名・住所・居住年数・住まいの種類(本人の持家、アパートかなど)勤務年数・住居費用・家族構成・最終学歴・他の借り入れ状況などを申告します。

運転免許証・健康保険証・源泉徴収票・自動車ローンの際は見積もりが必要書類です。源泉徴収票と見積もりは金融機関でコピーをとるので原本は手元に返ってきます。あとは借り入れをする金融機関の通帳と銀行印が必要です。

金融機関にもよりますが、現在では即日審査が可能となっています。しかし受付の時間帯によっては翌日になったり、休日前の受付の際は休日明けになる場合もあるので事前に借り入れを希望している金融機関に問い合わせる方が良いでしょう。

勤務先の在籍確認を行う金融機関もあります。勤務先に電話がかかってくるのが困る方は、在籍確認不要の借り入れができる金融機関を選びましょう。
金融機関によってクレジットカードに加入をすれば借り入れ金利が安くなるなど、様々な特色があります。少しでも低い金利で借り入れを希望されるならそういったサービスを受けることもおすすめです。